効果を引き出すためには

カウンセリング

受けるための注意点や準備

ボトックスを受ける当日は運動をしたりお酒を飲んだり、サウナや温泉に入ると言った行為はキレイな仕上がりにするためにも控えるようにします。洗顔は可能ですが、お肌をこすったりするような行為はNGです。医師の指示にしっかりと従っておけば、ボトックスの効果を最大限に引き出すことが可能なので守りましょう。早ければ注射後の2〜3日で効果があり、1〜2カ月後にはフェイスラインが変わってきます。3〜4カ月後にはエラが改善された状態になりますが持続期間は注射後からおよそ4〜9カ月です。焦らずに効果が出るのを待ってみてください。効果は注射の種類や量、個人差もあるので、追加注射の時期を決めるためにも初回注射後2〜3週間経ったら医師に診察に行きましょう。注射後の1〜2週間後も仕上がりを確認してもらうために診察に行くことにより、トラブルなどを防ぐことができます。ボトックスは今あるシワやエラの改善をもたらしてくれる治療なので、持続効果をもたらすためにも日々のケアもしっかりとしておいてください。紫外線対策をしたりシワができないよう表情にも気を付けたりすることが大切です。ボトックスでエラをなくして小顔にしたければ、電話などで予約してまずカウンセリングを受けます。その後診察に移りエラの状態などを診てもらってからボトックスを受けるかどうかを決めることになります。何かカウンセリング当日に特別準備するようなことはありません。強いて言えば妊娠は避けるようにするぐらいです。クリニックにもよりますが施術への同意書もサインで済むので、ハンコをわざわざ用意しなくても済みます。実際にボトックスを注入するときにする準備と言えばメイクを落とす程度であり、カウンセリング当日に施術を受けることも可能です。施術は短時間で済みダウンタイムもほとんど必要ないので気負う必要もありません。注入後は再びメイクをして帰ることができるぐらいであり、翌日仕事を休むといったことも特別しなくて大丈夫です。ボトックス治療は麻酔が不要ですが、痛みが苦手な人は麻酔クリームの塗布を施してくれるなど対処してもらうことができます。麻酔を受けたい人はあらかじめ予約時麻酔希望を伝えておいたり、施術では1時間前にクリニックへと向かったりなど別対処が必要です。

Copyright© 2018 ボトックス治療でコンプレックスを解消【エラを小さくする】 All Rights Reserved.